最高のコラーゲンを選ぶ為に!

皆さんは、下記のような疑問がありませんか?

どの原材料がいいの?

ペプチドコラーゲンって?

いつ・どのくらい摂取すれば良いの?

副作用はないの?

当サイトでは、これらの疑問を5分でわかるように解説していますので、しっかり学んで美容に役立てて下さい。


コラーゲンの原材料の選び方。

コラーゲンは、主に下記の動物や魚から作られています。

すねや尻尾にコラーゲンが豊富に含まれています。
熱に強く加工しやすいのですが、独特の臭いがあります。
BSE問題以後は、取扱いが厳しく制限されています。

足や耳にコラーゲンが豊富に含まれています。
安価ですので、多くのコラーゲンは豚由来です。
牛と同様に独特の臭いがあります。

軟骨や手羽先にコラーゲンが豊富に含まれています。
牛や豚に比べアレルギーの心配が少なく、臭いも比較的少ない方です。

皮や鱗の内側にコラーゲンが豊富に含まれています。
フィッシュコラーゲンは、臭いが殆どありません。
脂肪を殆ど含まず、アレルギーの心配もありません。

魚コラーゲンが最も優れています。

魚は、豚や鶏と比較して、脂肪を殆ど含まず、アレルギーも起こしにくい特徴があります。

しかも、動物性コラーゲンに比べ、フィッシュコラーゲンは、約7倍吸収率が高いと言われています。

フィッシュコラーゲンは、皮と鱗で抽出方法が大きく異なります。

『皮』は柔らかい為、加熱と酵素処理でコラーゲンを抽出します。
『鱗』は硬い為、塩酸を使用して抽出します。

塩酸を使用すると、残留塩素問題だけではなく、コラーゲン自体も溶かしてしまいますので、必ず『皮』を原材料にしているものをお選び下さい。


ペプチドコラーゲンで効率良く摂取。

本来コラーゲンは、アミノ酸に分解されて吸収されるのですが、分解までに数時間を要する上に、そのままでは非常に吸収されにくい成分なのです。

そこであらかじめ、酵素などで処理し、小さく低分子化する手法が考え出されました。

この特別な処理を施した物を、ペプチドコラーゲンと呼び、大幅に吸収率が高まるのです。

ですから、サプリメントで摂取する際には、必ずペプチド化されたものを選びましょう。

コラーゲンの摂取タイミングについて。

基本的にはいつ摂取しても構いませんが、就寝前や運動直後が特にお勧めです。

体内でのコラーゲン合成は、成長ホルモンの分泌に合わせて活発になりますので、上記のタイミングで摂取することをお勧めします。

コラーゲンの摂取量や上限量については、現在のところ明確ではありません。

一般的には、体を構成するタンパク質として1日5g以上のコラーゲンが必要と言われており、美容目的であれば、それ以上にしっかり摂取する必要があります。

コラーゲンを摂取する際は、1日にどれだけ摂取するよりも、どれだけ継続的に摂取することができるかということが大切です。

副作用について。

タンパク質であるコラーゲンは、多少取りすぎても副作用はありません。
しかし、過度の摂り過ぎは栄養面のバランスを崩してしまうことになりますので、注意して下さい。

※コラーゲンを多く含む食品の殆どは、コラーゲンとともに脂肪も多く含んでいますので、摂取する際はご注意下さい。


Copyright (C) 2010 collagen-wiki.com. All Rights Reserved.